鴎州塾 VS 他塾 > 学校法人

AICJ鴎州学園理事長の竹村健一氏が自身のブログに書いたAICJ鴎州学園についての記事を以下に紹介します。

これは
竹村健一の世界を見る目
の2007年03月01日付のブログ記事です。竹村氏はAICJ鴎州学園のHPによれば、2009年4月よりAICJ鴎州学園顧問に就任予定ということです。竹村氏は1930年4月生まれですから80歳を機に理事長から顧問にということなのかもしれませんね。


2007年03月01日 
竹村健一の世界を見る目


飛び入学が可能な在外IBスクール

2月17日夜10時からのTV番組「ブロードキャスト」で、ユニークな学校としてAICJ(Auckland International College Japan/Academy International Community)が紹介された。ここは2006年に広島市に開校された男女共学の中高一貫校で、実は私はそこの理事長になっている。そのユニークさに魅せられたからだ。ここの経営母体は鷗州塾というところだが、ニュージーランドで作ったAICはIB(国際バカロレア)という世界的な大学の入学資格があるカリキュラムを持つ学校である。


そこで3年間の高校教育を終えた生徒50人のうち25人がロンドン大学に、他にハーバード大学やケンブリッジ大学など世界のトップクラスの大学に9割以上が進学したという実績を持つ。そのことが話題になり、その日本校を「英語で授業する学校」としてAICJをテレビ番組で取り上げたのである。

⇒ 続きを読む

学校法人AICJ鴎州学園は、2009年4月1日、かねてより予定していた竹村健一氏に代わって伊勢桃代氏が理事長に就任する人事を発表しました。

伊勢桃代氏の略歴は、前アジア女性基金専務理事。1937年生まれ、慶應大学卒業後、シラキュース大学大学院修士。 1969年国連本部に勤務、1985年国連本部研修部部長、1988から89年国連大学事務局長、1997年国連退職。1997年から2004年アジア女性基金専務理事。

すでにAICJ鴎州学園では、AICJ鴎州学園 AICJ中学・高等学校のHPのサイトでも挨拶文を紹介したり、昨年2008年7月には伊勢桃代氏を迎えて、「国際社会における国連そして日本の役割」と題した講演会を行うなど、下地作りをしていました。

伊勢桃代氏とは? 2008年08月26日 FM797京都三条ラジオカフェ出演
「国連の舞台で活躍する人材」 伊勢桃代氏

2006年中学校が開校、2007年に高校が開校、2009年、開校から3年目で全学年が揃ったAICJ鴎州学園。2010年には高校から入学した生徒が初めての大学入試を迎え、2011年には中学校から入学して6年一貫教育を受けた生徒が大学入試にチャレンジする年になります。

伊勢氏を迎え、世界各地の名門大学にいかなる実績を残るか? その手腕が注目されています。

呉青山中学・高等学校は、広島県呉市にある共学の6年中高一貫教育を行う私立中学校・高等学校で、2000年4月開校。呉青山中学・高等学校は、隣接する清水ヶ丘高等学校 (広島県) も運営する学校法人清水ヶ丘学園の学校です。

2000年に広島県呉市に初めて中・高6年一貫校として開校した呉青山中学・高等学校は、全国レベルの進学校目指し、学校運営に関して2004年3月に鷗州塾と全面的に提携しました。現在、呉市からの広島市内の国・私立中学校、高等学校進学者の多くが片道1時間から2時間近くかけて通学していますが、呉市内に広島市内の学校以上の受験指導のできる中・高一貫の進学校が親はもちろん生徒も
時間や費用の負担を減らし、よりハイレベルな大学を目指すことができるのではないかと考えたことが、呉青山6年一貫校が設立されたきっ かけと言われています。

呉青山中学・高等学校は、2004年3月に鴎州塾と全面的に提携し、2005年4月入学の生徒から、難関大学現役合格までのカリキュラムの作成・学習指導等、鴎州ハイスクール・鴎州塾が全面的にバックアップしています。

2006年の大学合格実績は、現役では広島大学1名、愛媛大学1名、高知大学1名等と寂しい限りですが、鴎州塾のシステムを導入後の合格実績はこれからですからどういった合格実績を出すかによって、広島県内の中高一貫校の勢力図にも動きがあると思います。ただその道のりは険しく高く、広島県の広島市内中心の勢力図はそう簡単にはかわらないでしょう。

呉青山中学・高等学校では、その流れをかえるべく鴎州塾が新設時からすぐに実績を出す手法でよく使う奨学金制度を取り入れています。

中学1年は、4月から9月までの期間、一定の基準を上回った入学者全員に月額3万円を支給し、中学2年から高校生までは、4月から3月まで、在籍者の上位10%に毎月3万円の奨学金が支給される制度があります。果たしてこれらがどう作用するか?

かつて現役高校生を対象の鴎州ハイスクールを新設した際には、この奨学金制度を塾に適用し、瞬く間に合格実績を量産、一躍鴎州ハイスクールの広島県内でのシェアを確保した実績もあります。

呉青山高校の大学合格実績に注目ください。

なお、呉青山中学・高等学校では、設立時、校名問題で話題になったことをご記憶の方もいることでしょう。以下にその顛末を記しておきます。

2001年7月19日 東京地裁「青山学院の名前使用禁ずる」
----------------------------------------------------------------------------------------
広島県呉市青山町に2000年4月に開校した学校法人「清水ヶ丘学園」(呉市青山町)が運営する中高一貫教育の「呉青山学院中学校」の名称は商標権の侵害だとして、青山学院大学を設置する学校法人「青山学院」(東京都渋谷区)が、同中学校を運営する学校法人に、名称の使用差し止めなどを求めた訴訟の判決があった。

判決は、同学園側の「中学校のある地名を示しただけ」と主張を退け、「呉は広島の都市名として全国的に知られているが、広島県に青山という地域があることは知られておらず、名称全体では『青山学院』の部分が特に注意を引く」「青山学院は首都圏を中心に広く知られており、被告の名称は『青山学院と関連がある呉市の中学校』を連想させる」として、清水ケ丘学園が「青山学院」の文字を含めた学校名を使うことを(中学校名を英語やローマ字で表記することも)禁じる判決を言い渡した。

一方、青山学院が求めた1,000万円の損害賠償については「具体的な損害が発生したとは今のところ認められない」として退けたを言い渡した。なお、同中学校側は判決を不服として、即日控訴したが、その後同学園は、校名から学院名を外し、「呉青山中学校」に変更し、控訴を取り下げた。

その後呉青山中学校の設立を推進し、当時の清水ヶ丘学園理事長であった原田敬二氏は責任を取り理事長職を辞任した。

AICJ中学校・高等学校は、広島市安佐南区に2006年に開校した私立6年中高一貫校。学校の運営は、広島で鴎州塾を展開する鴎州コーポレーション傘下の学校法人AICJ鴎州学園。理事長は竹村健一。

中学校 :1学年140名・男女共学
高等学校:[国内難関大学進学コース]1学年80名・男女共学
2007年 AICJ高等学校開校[国内難関大学進学コース開校]
[海外名門大学進学DPコース]は2009年より開講

英語を学ぶではなく、英語で学ぶ(英語を除く文系以外) がウリの学校で、ニュースや新聞で取上げられています。

紹介文を記すよりは、新聞記事からAICJ中学校・高等学校を感じていただくほうがわかりやすいと思うので以下に紹介します。

2007年07月17日 朝日新聞
英語力で日本を含む世界の名門大学を目指す(AICJ中学校)

本格的なイマージョン教育で徹底的に英語力を磨く

コンセプトは『英語を学ぶ』ではなく『英語で学ぶ』
 AICJ中学校は、「世界的視野に立ち、価値ある貢献のできる国際人の養成」を目的とし2006年に広島市に開校した、まったく新しいタイプの男女共学の中高一貫校です。

コンセプトは、「『英語を学ぶ』ではなく『英語で学ぶ』」です。世界に通用する英語力を養成するために国語・社会以外の教科の指導に積極的に英語を使用します。指導経験の豊富なネイティブ教師による、本格的な英語イマージョン教育を実現しています。

 特に1年生の段階では、英語の能力を向上させるために、週10時限の英語の授業を設けています。加えて、数学や理科、体育や音楽、技術・家庭など、その他の教科についても、「英語で学ぶ」ことにより、英語力は急速に伸びていくことが期待されます。はじめのうちは日本人教師によるサポートもありますが、生徒の英語力の向上に合わせて、無理なくネイティブ教師による「英語のみ」の授業に移行していきます。

 また、2年生では1000語以上、3年生では2000語以上の英語によるミニ論文の提出を課すとともに、TOEIC受験についても積極的に取り組んでいます。


アイデンティティや自主性 奉仕精神の育成も

 その一方で、「自国の文化の理解なしに、真の国際人にはなれない」との考えから、茶道・華道など、日本の伝統文化に触れる機会も積極的に持っています。

 さらには将来、国際社会におけるリーダーとなるべく、自主性や奉仕精神の育成を必須項目として、バランスの取れた人格形成、「全人教育」を目指すべく、地域社会への貢献活動などを実践しています。


進学目標は世界の名門大学 広がる将来の夢

 入学者の学力レベルは高く、開成、早稲田、ラサール、愛光、岡山白陵、広島学院などの一流校に合格しながら、当校を選んだ生徒も相当数在籍しています。

 また、「イングリッシュ・ハウス」という学生寮があり、中国地方のみならず、首都圏などの遠方からの入学者もいます。

 高校卒業後の進学目標は、日本を含む世界の名門大学です。高校からは、目標に応じて2つのコースを準備しています。東大・京大・早稲田大・慶應義塾大といった国内の難関大学を目指す「国内難関大学進学コース」と、オックスフォード大・ケンブリッジ大・ハーバード大・ロンドン大・プリンストン大といった世界の名門大学に対応できる「海外名門大学進学コース」のどちらかを選択できるようにしています。また、グループ校であるニュージーランドのAIC高校ニュージーランド校に留学する選択肢もあります。

 まだ開校間もないAICJ中学校ですが、生徒たちが語る将来の夢は、「国連職員になりたい」「国際弁護士になりたい」「国際ジャーナリストになりたい」「NASAで働きたい」「『国境なき医師団』に入って貢献したい」など、実に国際的です。

 生徒たちがAICJ中学校での学園生活を通して、高度な学力、リーダーシップ、自主性、ボランティア精神など、グローバル社会で活躍するうえで必要とされる資質や能力を身につけ、将来、世界に羽ばたき、活躍してくれることを、私たちは心から願っています。  (ネッティランド かわら版7月号掲載 エヌ・ティ・エス提供)